そのァ.皀襯献屬離縫鵐献磧頁者)は、本当に初心者サーフィンのポイント??by社長I | 40歳を過ぎてサーフィンを始めた社長Iがモルジブに行くまで…のコラム|初心者 サーファー

40歳を過ぎてサーフィンを始めた社長Iがモルジブに行くまで…のコラム|初心者 サーファー
TOP→→→
・30、40歳を過ぎてサーフィンを始めたけど苦労しているって人へ(初心者など)
・ヘッポコな自分を思い出した方が良い経営者へ
※サーフィンが上手い人・若いうちからサーフィン・ビックウェーブ挑戦記録などを読みたい人には面白い内容ではありませんのでご理解下さい^^;
人生は遊び!と仕事!と、言い切る筆者Iが40歳を過ぎてからヘッポコサーフィン(初心者)を始めその後モルジブにてサーフィンをするまでを綴っています。
本サイトは構成校閲前における筆者Iの気ままな「メモ執筆」です。乱筆乱文お許し下さい。
編集部:村本篤信

そのァ.皀襯献屬離縫鵐献磧頁者)は、本当に初心者サーフィンのポイント??by社長I

サファリボート(グラハリ号)・・・サーフポイント「ニンジャ」に到着。

 

サーフガイドのナル―が僕に言った

「せいろッ^^着いたよ〜 ここがニンジャポイントだよ」

僕:ブレイクポイントを見て「お〜 ここか〜 ニンジャだ〜 人、沢山は入ってるね〜^^」(海に30〜40人はいる)

みんな:「お〜 ここがニンジャだ〜 すげ〜 よしッ行こうか〜^^」

ナル―:「いい波ッ いい波ッ Good!!」

みんな、大海原を見回し、そしてリーフに出来た波を眺めて大はしゃぎである^^

 

ナル―:「じゃあ、サーフィンの用意をして下さい。準備が出来たら後ろに着いてきているドーニ―ボートに乗り換え、ポイントの近くまで行きます」

ナルー:「準備が出来た人から、ドーニ―に乗って下さ〜い」

 

因みに、この旅では3艘の船が常に連動して用途に合わせ活躍してくれた

 

【1艘目:サファリボート(グラハリ号)】↓

・私共が宿泊するメインの船

・日本で言うところの宿泊部屋があるクルーザー

・2〜30名乗り

・宿泊施設(部屋数67

・3階層になっており、後方デッキにリビングテーブル、フロントデッキには甲板デッキと大海原を眺める大ソファー席

 

 

【2艘目:ドーニ(中型船?)】

・サーフィン・釣り・シュノーケル・ダイビングなどのレジャーポイントへ私共を運んでくれる船

・マリンレジャー道具を沢山積める

・トローリング船としても^^

・20名位乗れる

・マーレ(都市)メイン島や空港、ローカルアイランド(モルジブ人が暮す島々)への移動手段に

 

 

【3艘目:ディンギー(小型ボート)】

・7.8名乗りのエンジン付きゴムボート

・スピードが早い

・小回りが利く

・ピンポイントの移動手段

 

 

サーフィンの準備がメンバーはサーフボードを持ちドーニ―へ・・・

ニンジャポイント近くへ移動。

ナル―:「せいろッ イイでしょ〜、ニンジャ、いい波入ってるよ〜」

僕「良い波だ・・・うん、いい波・・・ ん!?」

 「けど・・・いい波なんだけど・・・ちょっと待って・・・」(ちょっとまてよ・・・)

 

僕は、脳ミソの奥でちょっと、不安を感じ・・・波に乗っているサーファーやパドルをしているサーファーを観察した

・波を捕まえているサーファーのレベル

・その上級者クラスのサーファーでさえブレイクに潰され呑まれている

・彼らのレベルで、あのドルフィン・・・

・パドルをしながらカレント(離岸流)と戦っているサーファー

 

僕の頭の中では、

・この波の大きさ・・・ほんとに大丈夫か?

・仲間後輩達はこの青い空・青い海に、かなり浮かれているが^^;

・こいつら、ここで見る波の大きさと100M先のブレイクポイントの迫力を全く解ってないぞッ

・この潮目・・・かなりカレント(離岸流)が強くないか??

・あそこのブレイクポイントの先に海面に見え隠れする黒い物体は、まさか「サンゴか岩」じゃないか??

 

 

 

ナル―:「ん??せいろどうした?? いい波でしょッ^^??」

みんな:「シャチョー、どうしました?? ・・・いや〜 しかし この大海原ッ最高ですね! インド洋サイコ〜!!」

僕:「・・・」

僕:「ナル― ・・・ いや、ちょっと・・・ボートを、もう少しポイントへ近づけてくれるか? あと・・・向きも少しで良いから・・・」

ナルー:「OKッ」

停止していたドーニ―が、エンジンをかけて、よりポイントへ近づいく

 

 

ナル―:「せいろッ どうだい? いい波だろ〜」

みんな:「インド洋、サイコ〜! よっし!行くか〜^^ ニンジャ!ニンジャ〜!!! よっし行こうッ」

僕:「・・・」

僕:「みんな、ちょっと、ちょっと待てッ・・・焦るなッ」

 

 

僕の頭の中で、様々な事を巡った・・・

・いや、この波デカい、頭はあるぞッ しかもメチャ早いし、かなり掘れてるッ」

・さっき見え隠れした黒い物体・・・間違いない!あれはサンゴ岩だ!!

・こいつら、自分達のレベル理解してるか?? 彼らのレベルでは波に乗るとか乗らないの次元じゃなく、このブレイクに一回でも飲み込まれたらボロボロ揉みくちゃにされて這い上がってこれないんじゃないかぁ〜??

・ってかこのカレント(離岸流)、流れが速くて、俺でも厳しくないかい? こいつら全員漂流するぞ・・・

・俺を抜かしたメンバーは4名、ナル―がいるからと言っても4名全員を助ける事は出来ない・・・俺がサポートできても1名が限界だ・・・

 

いや、この海では、俺自身が自分の身を守るので精一杯だろぉ・・・

 

どうする・・・?

 

いや、どうするもこうするもない

 

無理だ!

 

絶対に助けられない!

 

無理だッ 無理だ!!

 

モルジブ2日目・・・サーフィン初日で死ぬわけにはいかないだろ・・・

 

 

俺は、ナルーに言った:「ナル―、ここやめよう」

ナル―:「へ!?どうしたせいろッ?」

僕:「いや、どうもこうもない・・・こりゃレベルが違いすぎる・・・俺もヘッポコサーファーだけど、他の奴らはその次元じゃないんだ。ここでやったら・・・死ぬッ^^;ナル―もサポートが半端じゃなく大変だぞ・・・」

ナル―:「今週はパワーアップして、イイ波になってるんだけどな〜」

僕:「いや・・・パワーアップしなくて良かったかもょ・・・^^;」

ナル―:「OKッ解った」

僕:「別のところで、胸・腹・腰、位のポイントはないかい?」

ナル―:「あるょ^^」

僕:「ここから何分位だい?」

ナル―:「3〜40分くらいかな」

僕:「よし、そっちに行こう!」

ナル―:「OK!」

 

僕はみんなに向かって「ここはヤメ〜、一度、サファリボートに戻って、サファリボートで、別のポイントに行きま〜す」

みんなは:「え!?どうしたんですか? ニンジャでやらないんですか?いい波じゃぁないですか〜」

 

・・・

 

僕は説明するのをやめ

一言、

「あのね〜 お前ら・・・死ぬよッ」

 

一同みんな:「へ!?」

 

・・・

 

そして、僕らのモルジブ紀行、初めのサーフポイントは、海に入ることなく、次のポイントへ向かったのでした・・・^^;;

 

読んでもらっている読者の方々、中々サーフィン記事が無くてスイマセンm(__)m

 

因みに、今後も正直言ってサーフィン記事・・・少ないです^^;;

無謀なヘッポコサーファーのモルジブ旅なので・・・はいm(__)m

40代で初心者サーフィンを始めると色々な事を考えさせられる社長Iです

・・・

次・・・↓そのモルジブサーフポイント「フルムーン」へ・・・日本人初心者サーファー社長I軍団

 

GSGホールディングス |  ご挨拶 |  岩崎せいろ プロフィール